赤いバラ

postheadericon ペアリングに最適

ハワイアンジュエリーはバリニーズ同様、特に結婚式での交換に用いられるペアリングで採用される事の多い貴金属製品です。充分にメジャーではありますが、主に太平洋に広がる島嶼圏にあるリゾートの名を冠した他の宝石なども追随して持てはやされる傾向が強いです。これは社会学や宗教学で言うところの彼岸、つまり自分たちが現在居る此処では無い何処かへの憧れを反映した結果、好評を博しているのだと分析されています。

この勢いを持続させるためには、今後も値段をあえて高価に位置付け、付加価値を演出し、非日常性を醸し出して交換不可能性を保つことで維持されます。

結婚指輪やペアリングなど独特な魅力を持っているハワイアンジュエリー
結婚指輪やペアリングなどは多くありますが、その中でもハワイアンジュエリーは独特な魅力を持っています。その為注目されているアクセサリーになっており、身に付ける事によって自分の魅力を最大限に引き出す事ができるようになります。

金額もかなり異なっており、安く購入できるケースもあります。一つハワイアンジュエリーを身に付けるだけでも、多くの魅力を引き出す事ができるので、購入する機会があった場合には検討していただきたいです。

握る手

postheadericon ペアリングについて

ペアリングとは、カップルの男女がお互いの想い合う気持ちを形にしたお揃いの指輪の事です。記念日や、誕生日などに贈る事が多いです。

結婚指輪は左手の薬指につけますが、ペアリングはどの指につけるかは特に決まっていません。どの指につけるかで意味が異なり、右手、左手でも意味が変わります。一般的には、服従と信頼の意味を持つ、左手が良いと言われており、また、薬指は心臓に一番近く、気持ちを繋ぎ止めるという意味があり、小指には恋愛のお守り、願いが叶うという意味があるので、このどちらかにつけると良いと言われています。

結婚指輪はハワイアンジュエリー
ハワイアンジュエリーは古代のハワイ王族から伝わる伝統のあるジュエリーなのです。ハワイの大自然をモチーフにしたものが多く、古くから受け継がれています。そのモチーフにもそれぞれ意味があり、幸せが繰り返し訪れる事を象徴する波を表したもの等があります。

身に着ける人や贈る人の想いを込めて手作りで作られているので、結婚指輪にペアリングで贈り合う事で、世界にたった一つのオンリーワンの存在という意味でとても人気です。

ペアリング

postheadericon 指輪について考えます

ペアリングと聞くと安いイメージがあります。

ですが結婚指輪と聞くと価値が違うような感じがします。しかし実際のところ値段など関係なくどれだけ思いがありその人にとって大切なものかが大事です。ジュエリーブランドも色んなブランドがあり、似たようなデザインや全く違うデザインがあり、金属アレルギーの方でも使える指輪も出ています。最近では指の細い方が多く薬指のサイズがピンキーリング程のサイズの方が多数いるみたいで、サイズも幅広いそうです。

ペアリングの起源
ペアリングとは、同じデザインの指輪をパートナーと同じ指に装着することで、結婚指輪を連想されますが、起源は9世紀頃のローマ皇帝が世界で初めて行ったとしており、13世紀にはヨーロッパ各地で結婚時、指輪を交換する風習が一般化され、その時代の木版画や法律書の挿絵では、はっきりと指輪を交換する姿が描かれています。

また、指輪には装飾品の価値だけではなく、呪術的な価値もあったようで、指輪の円環は永遠を表しており、薬指と心臓が繋がっていると考えられていて、相手を永遠に自分のものにしておくという、おまじないをかねているそうです。

現代のペアリングは、恋人同士でも気軽にし、素材やデザインも多くあり、価格も求めやすいものから高価なものまでさまざまです。

オススメリンク
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年10月
« 6月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031